ハンバーガーメニューの画像

大学中退者からフードコーディネーターになるには

最終更新日:2018年5月22日

大学中退者からフードコーディネーターになるにはのアイキャッチ画像

フードコーディネーターは、食品を開発したり、レストランなどの店舗運営をプロデュースしたり、食に関しての情報を伝えるイベントやメディアの演出や出演をする仕事です。

職域が非常に幅広いので、同じフードコーディネーターでも、様々な業界や企業で働いています。

一般的には、テレビに出ているフードコーディネーターの認知度が高いですが、レストランや食品企業などに就職して食に関する様々なアドバイスを行う仕事に就いている人が多いです。

高い専門性を求められる仕事で、食に関しての知識だけでなく、経営やマーケティング、販売促進などビジネス分野の知識も求められます。

こういった知識は、勉強をしただけでは身につかないので、就職をしたり、フードコーディネーターとして活躍している人のアシスタントをして、経験を積んでいくことではじめてプロとして仕事ができるようになります。

食に興味があり、それらをいかに演出するかということに楽しさを見いだせる人に、向いている仕事といえるでしょう。

フードコーディネーターになるのに有利な資格

フードコーディネーターには専門の資格があるので、それらを取得していると就職をする際に有利になる可能性があります。

フードコーディネーター資格を取得するための専門学校もあり、そういった学校では、就職活動の相談や求人紹介も行っているので利用してもよいでしょう。

また、栄養士や調理師免許などを持っている人にもフードコーディネーターとして仕事をしている人がたくさんいます。

大学中退者からフードコーディネーターになる

大学を中退してからフードコーディネーターになりたい場合は、専門学校に通うというのが最もよい選択肢といえます。

しかし、フードコーディネーターになるために、必ず学校に通ったり資格を取得する必要があるわけではないので、食品関係の企業に就職して知識を付けたり、経験を積んで目指すのもよい方法です。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る