ハンバーガーメニューの画像

大学中退者から葬祭ディレクターになるには

最終更新日:2018年5月22日

大学中退者から葬祭ディレクターになるにはのアイキャッチ画像

葬祭ディレクターは、葬儀の企画から会場設営、式典の進行まで一連の儀礼を取り仕切る葬儀のエキスパートです。

葬儀ディレクターの仕事は、臨終を迎えた方の遺族から電話などで連絡を受けた後に、葬儀を行う施設へ遺体を搬送することから始まります。

その後に、葬儀の企画や日程決め、見積もりなどを行い、当日までに必要資材の調達をして準備し、葬儀の最中には儀式の運営や司会進行をします。

ただし、最近では、費用を抑えたいと考えている遺族の人も増えているので、通夜や告別式を行わないで火葬のみを行うというケースも増えてきています。

葬儀という人の死と対峙する仕事ですので、遺族や参列者への心配りをしながらも、式を円滑に進めなければならないので難しい仕事でもあります。

しかし、葬儀が順調に進んだ場合には、遺族の人たちから感謝の言葉を述べてもらえることも多く、やりがいのある仕事です。

遺族や参列者への心遣いや、葬儀を円滑に進める司会としての段取り力が求められる仕事です。

葬祭ディレクターになるのに有利な資格

葬祭ディレクターになるのに資格がかならしも必要ということはありません。

多くの葬儀会社の求人では未経験者が歓迎されていますので、資格のない人でも就くことが可能です。

ただし、ある程度の経験を経た後には葬祭ディレクターという専門の資格取得を求められることがあります。

この資格を保有していることで、一定の知識と経験を積んでいると認められるので、お客様からの信用を得ることができるからです。

大学中退者から葬祭ディレクターになる

葬祭ディレクターの仕事は、高齢者社会の中で求められている仕事ですので、需要も多く求人も比較的応募要件が低い場合が多いです。

ですので、大学中退者も、就職できる可能性が高いです。

ただし、仕事とはいえ、遺族への十分の配慮ができることが、重要になるということは忘れないようにしたいです。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る