大学中退者から記者になるには

最終更新日:2018年5月22日

大学中退者から記者になるにはのアイキャッチ画像

世の中を駆け回り取材や現地調査などを行い、手に入れた情報をまとめて編集し、新聞記事として提供するのが記者の仕事です。

記者には、一般記者と校閲記者、写真記者などがあります。

一般記者は取材や調査を担当し、校閲記者は一般記者が作成した記事に誤りがないか、事実調査を再度行うなどします。

写真記者は記事だけでは伝えきれない情報を補完するために、写真を撮影し記事に視覚情報を付加します。

どの記者も、昼夜関わらず仕事をする機会は多く、事件や事故などが起これば呼び出しがかけられ現地に向かうことも多々あります。

また、活動範囲は国内だけにかかわらないので、特派員として海外勤務などになる可能性も覚悟しておく必要があるでしょう。

記者になるには知識水準が非常に高いというだけでなく、体力にも自信がある必要があります。

新聞は世の中に正確な情報を提供するという大きな使命をおっているので、非常にやりがいのある仕事です。

記者になるのに有利な資格

記者になるのに高学歴であることが、非常に有利であるのは間違いないです。

しかし、資格になるとワードやエクセルといった一般的なITソフトを扱えると証明できる資格(MCPなど)を持っていると少しは評価されるという程度です。

情報を扱う仕事で、あまり技術的な知識も必要ないので、情報処理能力に長けているであろう高学歴という資格が最も重要になっているようです。

大学中退者から記者になるには

読売、朝日、日経といった大手新聞の記者になろうと思うと、高学歴であるのがほぼ必須で、それらの人の中から選考によって優秀な人だけが採用されます。

ですので、大学中退者の場合、大手新聞の記者になるのはほぼ不可能に近いです。

しかし、新聞や雑誌を作っているのはこれらの企業だけではなく、地方紙や企業団体の週刊誌、ネット上の新聞などまで視野を広げると様々な企業が存在しています。

そういった企業の記者では学歴や資格を問わなかったり、未経験の人でも受け入れている企業があります。

記者というと特別な仕事のように思うかもしれませんが、今ではネットで情報発信ができるようになったので、これからますます一般的な仕事になっていくと思われます。

大学中退者
人気求人情報サイトランキング

大学中退者に人気の求人情報サイトを、ランキング形式で紹介しています。

第1位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人情報サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第2位
JAICセカンドカレッジ
JAICセカンドカレッジは、大学中退者向けの、研修付きの人材紹介サービスです。

大学中退者のために組まれた特別研修プログラムを受講して、中退というコンプレックスを乗り越えて正社員就職を実現できます。
第3位
リクルートスタッフィング
はじめて派遣社員を目指す人がたくさん利用している、人材派遣求人サイトです。

正社員になれる紹介予定派遣の求人も充実しています。

大学中退者が使っている全ての求人情報サイトを見たい方は、以下からチェックしてみてください。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る