大学中退者からMR(medical representative)になるには

最終更新日:2018年5月22日

大学中退者からMR(medical representative)になるにはのアイキャッチ画像

MRとは、医薬品業界に所属する営業職の仕事で、主に製薬企業と医療関係者の間での情報交換業務を行っています。

医薬品についての情報を医師や薬剤師が全て把握していることは少ないので、MRが情報提供(薬の効能、使用方法、成分など)を行います。

逆に医療関係者からは副作用などの情報を収集して、情報を製薬会社に持ち帰り今後の薬品開発に活かすことになります。

価格交渉や販売業務、集金といった仕事は、MS(マーケティング・スペシャリスト)と呼ばれる医薬品卸売会社の営業職の人が担当するため、MRは情報交換業務を主な仕事としています。

高齢化が進む中で医薬品への需要はますます増える傾向にあり、MRも非常に求められている職種といえます。

また、給料も他業界の営業職に比べて高いことから人気のある仕事でもあります。

他業界の営業職から転職してくる人も多く、近年では女性のMRも増えています。

MRになるのに有利な資格

建前上はMRとして活動するのに必須の資格はないのですが、実態を見てみるとMR認定試験に合格しMR認定証を取得していないと業務に支障が出ることが多いです。

営業職とは言え、医薬品という生命に関わる商品を扱うことから、MR認定証を保持していないMRの訪問を断る医療事業者も出てきているからです。

MR認定証を取得するためには、300時間を超える教育研修や6ヶ月以上の実務経験が必要とされるなどハードルは高いです、

しかし、認定試験の合格率は80%を超えているので、しっかり研修を受講していれば取得はそれほど難しくないといえるでしょう。

また、MRも営業職ですので、車の免許は必須です。

自宅から病院に直行するようなケースも多く、製薬会社がMRに営業車を貸している場合もあります。

大学中退者からMRになる

今現在MRの求人は非常に多く、研修も充実していることから未経験者でも比較的就きやすい職種になっています。

また、営業職経験者の転職者を求めている企業は多いので、営業経験が1年でもあれば就職活動時にかなり有利になることでしょう。

ただし、医薬品を扱っていることから、常に勉強が必要な業界でもありますので、就職後は研修をはじめ、その後も継続的に勉強をする必要があります。

大学中退者
人気求人情報サイトランキング

大学中退者に人気の求人情報サイトを、ランキング形式で紹介します。

第1位
JAICセカンドカレッジ
JAICセカンドカレッジは、大学中退者向けの、研修付きの人材紹介サービスです。

大学中退者のために組まれた特別研修プログラムを受講して、中退というコンプレックスを乗り越えて正社員就職を実現できます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人情報サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第3位
リクルートスタッフィング
はじめて派遣社員を目指す人がたくさん利用している、人材派遣求人サイトです。

正社員になれる紹介予定派遣の求人も充実しています。

大学中退者が使っている全ての求人情報サイトを見たい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る