ハンバーガーメニューの画像

大学中退者からラウンダーになるには

最終更新日:2018年5月22日

大学中退者からラウンダーになるにはのアイキャッチ画像

ラウンダーは、商品を卸している販売店に行き、そこで自社製品の販売状況をチェックし改善し売り上げ数の拡大をはかる仕事です。

自社製品を扱っている店舗では、他社の製品も扱っている事から必ずしも自社製品に力をいれて販売してくれるわけではありません。

そこで、ラウンダーが販売店舗の内、何店かを担当して各店を回り販促を行うことになります。

販売には、商品の展示場所が非常に重要になってくるので、各企業のラウンダー間では販売場所確保の競争が行われることもしばしばあります。

よい販売場所の確保には、店舗の責任者との関係が重要になってくるので日頃からコミュニケーションをはかり、自社製品を有利な場所に配置してもらえるよう努力が必要になります。

それ以外にも、POPの制作をしたり、自社製品をアピールするための企画やキャンペーンを行ったり、在庫管理や商品陳列のお手伝いも行います。

ラウンダーになるのに有利な資格

ラウンダーはいってみれば営業の一種ですので、営業と同じように普通自動車免許は必須となります。

それ以外には、資格よりも人と接するのが好きな人や決まった店舗を回ることになるので、長期の人間関係を構築するのに長けていると有利でしょう。

何よりも人間力が重要になってくる職種です。

大学中退者からラウンダーになる

ラウンダーの仕事は、正社員での雇用形態よりも、派遣社員や契約社員の雇用形態での採用が多いです。

ですので、ラウンダーとして働くのは、大学中退者や未経験者でも比較的簡単であるはずです。

しかし、そこから正社員を目指すとなると、派遣期間などに仕事ができることを示す必要があるので、努力が必要になります。

紹介予定派遣などにもラウンダーの仕事があるので、正社員にどうしてもなりたいというのであれば、紹介予定派遣から正社員を目指すというのもよい選択といえます。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る