ハンバーガーメニューの画像

大学中退者から営業職になるには

最終更新日:2018年5月22日

大学中退者から営業職になるにはのアイキャッチ画像

営業職は、企業が扱っている商品を消費者に提案、販売する仕事です。

大きく分けると法人営業と個人営業に分けることができます。

法人営業では、企業を対象として取り扱っている商品を販売していきます。

企業間での取引では、1企業への販売個数や金額が多くなることが多いので、責任の重い仕事です。

個人営業のように闇雲に営業をかけるということは少なく、営業に回る企業が決まっているルート営業が多いです。

一方、個人営業では、個別宅を一日に何件とノルマを決めて回ることがよくあります。

忍耐力を要する仕事ではあるのですが、その分、成果報酬が高く設定されていることも多く、頑張り次第で若手でも年収が1,000万円以上など高額になることもあります。

営業職全体では、求人数が非常に多く、未経験でも採用されやすい職種です。

業界、企業問わずどこでも必要な職種ですので、就職後に転職活動をしなければならなくなった場合にも、様々な企業や業界から求人を探すことができます。

営業職になるのに有利な資格

営業職になるのに必要な資格には、普通自動車免許があります。

市街地を対象とした営業職でも、場合によって車を運転する必要があるので、普通自動車免許は必須と思っておくとよいでしょう。

営業職になるために、有利な資格は特になく、性格や体力などが重要になります。

忍耐力や継続力、信頼を勝ち取るコミュニケーション能力など、資格では表せない人間力が必要といえます。

大学中退者が営業職になる

大学中退者が就職する職種で、営業職は多い部類に入ります。

上記したように、資格は特に必要なく、求人数も多いため、就職しやすい職種だからです。

しかし、就職してからはノルマがかされる可能性が高いので、それなりの覚悟が必要といえます。

ただし、営業職は仕事の基本とも言えますので、適正があるないに関わらず、どういった職が向いているのか分からないという人でしたら働いてみるのもよいです。

営業職として働いた後に、他の職種に転職するようなことがあっても、営業職で得たスキルは必ず活かすことができます。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る