ハンバーガーメニューの画像

大学中退者から配送ドライバーになるには

最終更新日:2018年5月22日

大学中退者から配送ドライバーになるにはのアイキャッチ画像

配送ドライバーは、トラックなどを使って積み荷をお客様に届ける仕事をします。

お客様には、メーカーや小売店、個人など様々な人たちがいますが、企業によって担当している業界が大方決まっているので、就職した企業で取り扱っている商品を主に運ぶことになります。

以前までは、トラックドライバーといえば少し強面の人たちの仕事というイメージがありましたが、最近では企業イメージをよくする努力が行われており、接客態度が重視されたり、速度抑制機能の付いたトラックなどが採用されるようになっています。

そういったことから、トラックドライバーにも多様な人材が働くようになっており、営業など物を売るのが苦手だったり、事務など一日中オフィスにいることが苦手という人たちがトラック運転手を目指すことも増えています。

また最近では、男性のドライバーだけでなく、女性のドライバーも増えてきており、業界のイメージはかなり変わってきているといえるでしょう。

働く時間は不規則になりがちですので、そんな中でもきっちり体調を整えることができ、安全運転を心がけることができる、そして、顧客対応にも気を使える人に向いている仕事です。

配送ドライバーになるのに有利な資格

ドライバーですので、普通自動車免許をはじめ、必要とされる各種ドライバー免許を持っていると就職活動で有利になります。

しかし、未経験者を歓迎している企業もあるので、入社後に免許を取得させる場合もあるので、様々な求人情報をチェックしてみるとよいでしょう。

大学中退者から配送ドライバーになる

配送ドライバーには多様な学歴の人たちが働いているので、大学中退という学歴が問題になることはほぼないといえるでしょう。

実際ほとんどの求人で学歴不問で未経験者歓迎とされており、ドライビングの研修も充実している企業は多いので、興味のある人はチャレンジしてみるとよいでしょう。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る