大学中退者が必ず知っておきたい面接のコツ

最終更新日:2018年10月23日

大学中退者が必ず知っておきたい面接のコツの画像

基本的な面接の受け方については、「大学中退者の面接対策基本編」で理解できたと思います。

ここでは、面接時に大学中退者だからこそ知っておきたいコツについて紹介します。

大学中退者と競うことになる人の経歴

大学中退をした人が就職活動で競うことになるのは、新卒者や既卒者、フリーター、就職後間もなく転職することになった第二新卒者です。

その仕事や職種に関して、未経験であったり、経験が浅い人と比べられます。

それら以外の、技術を持ったベテラン転職者などとは、エントリーシートや履歴書を送付した段階で比べられて、こちらがダメな場合は、面接に進ませてもらえないので、そのような人と自分を比べる必要はありません。

もし、グループ面接などで、経験豊富な人が同じグループにいたとしても、そもそも採用基準が違っているはずですし、もし比べているのでしたら、採用側に経験豊富な人と未経験者を比べたい何らかの理由があるはずです。

そういったケースでは、こちらが意識しても仕方がないことですので、気にせず自分の伝えたいことをはっきり述べるようにしましょう。

基本的に面接では、自分と似た経歴を持った人が比べられていると考えて、大学中退をしていることに引け目を感じないことが、まず大事です。

大学中退理由には早めに触れて、後はアピール材料で印象を良くする

採用選考で行われる面接では、面接室に入って着席をした後に、まず世間話をすることがあります。

世間話の間は、面接官が応募者をどのような人なのか知りたいと思っている段階ですので、マナーに気をつけながら普段通り和やかに話をすればよいです。

しかし、その次に、「自己紹介をして下さい」など、面接を受ける側が自由に話すことができる指示を面接官から頂いたら、この時点で、大学中退をした理由について軽く触れておくとよいでしょう。

そうすれば、次の面接官の質問で、

大学中退をした理由はどういったことですか?

といった形で、中退理由について深く質問されるので、うまく答えることができれば、面接の早い段階で大学中退者にとっての最大の問題点を解決することができます。

例えば、15分間の面接時間があるとすれば、5分以内に問題を解決し、残り10分をアピール時間に使うことができます

先程も書いたように、面接で比べられるのは自分と似た経歴を持った人たちです。

その人達に比べ弱みになってしまう、「中退理由」を早めに解決しておけば、それ以降は、他の人達と対等の状態で面接に臨むことができます

大学中退理由の説明例

大学中退理由の説明の仕方についてのアイキャッチ画像

大学中退理由に関して前向きな理由があると考えている人もいるかもしれませんが、面接官が、大学を途中で辞めた人を印象よく受けとめることは基本的にありません

例えば、大学では学びたいことがなかったので、中退をして就職する場合でも、就職してからも『こんな仕事はしたくなかった』とすぐに辞めるのではないか、と考える面接官は多いです。

ですので、前向きな理由であろうと、後ろ向きな理由であろうと、中退をした事実に関しては反省をして、前向きに働くために努力をしている、といった話につなげたほうがよい印象を与えます

大学で学びたいことがなかったので、中退をして就職をする先ほどの人の場合であれば、

大学を受験する前にしっかりカリキュラムについて調べなかったことで、大学で学びたかったこととカリキュラムに違いがあり、中退をしました。

その事に関しては、もったいないことをしたと思っています。

就職に関しては絶対に失敗したくないと考え、御社について事前によく調べ、〇〇に魅力を感じ応募させていただきました。

学校でも仕事でも、やりたいことだけができるわけではないということも大学中退を通して学びましたので、御社ではどのような事にもはじめから興味がないと思うのではなく、さまざまな事にチャレンジしたいです。

といったように、反省とそこから学んだことを話し、前向きな発言につなげると、面接官も次は頑張ってくれると思ってくれるはずです。

面接官は以前のあなたではなく、これからのあなたを見ているので、以前の失敗をしっかり反省して、それを糧とし、今後につなげていける人かどうかを確認します。

仕事をはじめてからも、失敗することは何度もありますが、それを糧にしていける人は成果を出しているので、そのような人を面接官は採用したいと考えています。

面接が上手くできたと思っても、不採用になることはある

採用選考では、どれだけ上手く中退理由が伝えられて、自己PRできたと思っても不採用になることがあります。

そういった時に、大学中退者の一番の弱点である「中退理由」が原因で内定がもらえないのだ、と考えてしまう人もいます。

しかし、大学中退者に限らず、新卒者やその他の人たちも、何度も落とされることがあります。

しかし、落とされても採用選考に参加し続けることで内定を勝ち取っています。

ですので、皆さんも、まずは「就職活動を続ける」ということを大事にして、就職活動に取り組んでみてください。

では、面接を受ける心構えが整ったと思った方は、早速、求人に応募してみましょう。

もし、まだ、面接に参加する自信がないという場合は、人材紹介会社を利用して、面接対策を受けてみるとよいでしょう。

以下のページで、大学中退者が使っている、求人サイトや人材紹介会社を紹介しているので、チェックしてみてください。

recruitment-website.jpgのサムネイル画像大学中退者が使っている求人情報サイト一覧

大学中退者
人気求人情報サイトランキング

大学中退者に人気の求人情報サイトを、ランキング形式で紹介しています。

第1位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人情報サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第2位
JAICセカンドカレッジ
JAICセカンドカレッジは、大学中退者向けの、研修付きの人材紹介サービスです。

大学中退者のために組まれた特別研修プログラムを受講して、中退というコンプレックスを乗り越えて正社員就職を実現できます。
第3位
リクルートスタッフィング
はじめて派遣社員を目指す人がたくさん利用している、人材派遣求人サイトです。

正社員になれる紹介予定派遣の求人も充実しています。

大学中退者が使っている全ての求人情報サイトを見たい方は、以下からチェックしてみてください。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る