面接での「大学中退理由」と「志望動機」の伝え方

最終更新日:2018年10月23日

面接での「大学中退理由」と「志望動機」の伝え方の画像

面接での基本動作やマナーなど、基本的な面接の受け方については、「大学中退者の面接対策基本編」で理解できたと思います。

ここでは、面接での「大学中退理由」と「志望動機」の回答方法の解説と、回答例の紹介をしていきます。

大学中退理由の説明の仕方

大学中退者の面接評価に大きな影響を与える可能性があるのが、「大学中退理由」の説明です。

大学中退理由の答え方がまずいと、それだけで不採用になる可能性があるので、そのようなことにならないように、前もって回答内容を準備しておくとよいでしょう。

ここで、大学中退理由の回答方法と回答例を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

大学中退理由を伝えるタイミング

面接では、面接室に入って着席をした後に、まず世間話をすることがあります。

世間話の間は、面接官が応募者をどのような人なのか知りたいと思っている段階ですので、マナーに気をつけながら普段通り和やかに話をすればよいです。

その次に、「自己紹介をしてください」など、面接を受ける側が自由に話すことができる指示を面接官から頂いたら、この時点で、大学中退をした理由について軽く触れておくとよいでしょう。

そうすれば、次の面接官の質問で、

大学中退をしたのは、どのような理由からですか?

というように、中退理由について深く質問されるので、うまく答えることができれば、面接の早い段階で大学中退者にとっての最大の問題点を解決することができます。

例えば、15分間の面接時間があれば、5分以内に問題を解決し、残り10分をアピール時間に使えます

大学を中退していない人に比べて弱みになる「中退理由」について、早めに解決しておけば、それ以降は、他の応募者と対等の状態で面接に臨むことができます

大学中退理由の説明例

大学中退理由の説明の仕方についてのアイキャッチ画像

大学中退理由に関して「前向きな理由がある」と考える人もいるかもしれませんが、面接官が、大学を途中で辞めた人を印象よく受けとめることは基本的にありません

例えば、大学では学びたいことがなかったので、中退をして就職する場合でも、就職してからも「こんな仕事はしたくなかった」とすぐに辞めるのではないか、と考える面接官は多いです。

ですので、前向きな理由であろうと、後ろ向きな理由であろうと、中退をした事実に関しては反省をして、「前向きに働くための努力をしている」というような話につなげたほうがよい印象を与えます

大学で学びたいことがなかったので、中退をして就職をする先ほどの人の場合であれば、

大学を受験する前にしっかりカリキュラムについて調べなかったことで、大学で学びたかったこととカリキュラムに違いがあり、中退をしました。

その事に関しては、もったいないことをしたと思っています。

就職に関しては絶対に失敗したくないと考え、御社について事前によく調べ、〇〇に魅力を感じ応募させていただきました。

学校でも仕事でも、やりたいことだけができるわけではないということも大学中退を通して学びましたので、御社ではどのような事にもはじめから興味がないと思うのではなく、さまざまな事にチャレンジしたいです。

というように、反省とそこから学んだことを話し、前向きな発言につなげると、面接官も「次は頑張ってくれる」と思うはずです。

また、学力不足で授業についていけなかったために中退をした人の場合は、

大学では、○○学部に通っていたのですが、高校時代にあまり数学の勉強をしていなかったことから、大学で必要な数学の知識が足りず勉強や研究についていけなくなり中退をしました。

大学内では友人や教授の力を借りて勉強したのですが、大学内での努力だけでは後れを取り戻すことが難しく、もう少し早くから勉強をしておけばよかったと今でも少し後悔することがあります。

しかし、仕事ではすぐに辞めるようなことはしたくないと考え、自分の「したいこと」だけでなく、「できること」や適性をよく考え、さまざまな企業や職業の中から、御社で△△職として働くことを希望させていただきました。

というような形で答えるのもよいでしょう。

面接官は以前のあなたではなく、これからのあなたを見ているので、以前の失敗をしっかり反省して、それを糧とし、今後につなげていける人かどうかを確認します。

仕事をはじめてからも、失敗することは何度もありますが、それを糧にしていける人は成果を出しているので、そのような人を面接官は採用したいと考えます。

基本的にはこのような形で、中退理由を伝えればよいでしょう。

しかし、経済的な理由など、「自分に落ち度がなく、どうしても中退せざるをえない理由」である場合は、反省を述べずにストレートに中退理由を伝えることもできます。

父親が病気をしてしまい、大学に通うための学費を工面するのが難しくなりました。

家庭を支えるためにも、大学に通うより、はやく社会に出て仕事をしたいと思い中退をしました。

このような説明であれば、中退理由に納得感がありますし、仕事への意欲も感じさせることができるので、面接官が評価を低くすることはないでしょう。

志望動機の説明の仕方

大学中退者にとって、面接でもっとも重要なのは「大学中退理由の伝え方」ですが、その問題をクリアすると、次に重視されるのが「志望動機」です。

面接では、人柄や第一印象などを除くと、志望動機を1番重視するという面接官が多いです。

志望動機を聞くのは、「他の企業ではなく、当社を選んだ理由」を確認するためです。

応募者が志望動機を伝える際には、「その企業でなければならない理由」を上手に伝えると、志望度の高さを評価してもらえます。

これ以降では、志望度が高いと評価してもらえる、志望動機の作り方について解説します。

志望度の高さを伝えるために、企業研究をする

志望動機は、「その企業でなければならない理由」を伝えると、志望度が高いと判断されるので、志望動機の内容について考える前に、まずは企業についてよく知る必要があります。

面接参加者の多くは、企業についてよく調べず、どの企業でも通じる志望動機を伝えているので、志望度の高さが伝わっていません

そこで、企業研究が重要になります。

企業研究を行うには、

  • 企業のHP
  • 就職四季報や業界地図などの本

を利用して情報を得るよいです。

この他にも、TVや雑誌で企業が取り上げられていた場合は、そこから得た情報を使って志望動機を考えられます。

企業HPをチェックする際には、

  • 「製品情報」
  • 「採用情報」
  • 「社長の言葉」

などを見ておくと、志望動機を作成する際に参考にできます。

企業は特に同業他社をライバル視しているので、同業の他の企業に比べて、その企業のどこに魅力を感じるのかを調べておくと、評価を得られる志望動機が作れます。

志望動機の話の展開と評価ポイント

志望動機を作成する際には、以下の2点を含んで作ると、志望度が高いと感じてもらえる文章を比較的簡単に作れます

  • 1. 企業に興味を持ったきっかけ
  • 2. 働くことへの熱意、意欲

<企業に興味を持ったきっかけの例>

  • 企業研究で興味をもったこと
  • 学生時代に企業の商品やサービスを利用した経験
  • 学生時代に学んだ事
  • 自分の夢や目標

<働くことへの熱意、意欲の例>

  • 御社で~をしたい
  • 御社で~ができる
  • 御社で~に貢献できる

志望動機が完成したら、志望度が高いと評価されるためのポイントである、以下の点を最後にチェックしておきましょう。

  • 具体的な話になっているか
  • その企業でないといけない理由が伝えられているか

志望動機の説明例

志望動機の例をいくつか掲載していますので、参考にしてください。

私は、中学3年の時にパソコンを親から買ってもらい、そのころから、御社のネットショップを利用していました。

今まで店に行き購入していた商品が、いつでも家で購入できたり、関心がある商品が次々に表示されることに驚いたのを覚えています。

就職活動をはじめてからは、一番はじめに御社について調べたのですが、その中で、ネットショップの裏側では高度なIT技術が用いられていることを知りました。

私自身も、独学ですがプログラミングを中学生の頃から学んでおり、簡単なWEBサービスであれば立ち上げられるようになりました。

まだまだ未熟ですが、これからは、御社で高度な技術を利用したサービスを開発する仕事、また、世の中に役立てる仕事がしたいと考えています。

御社のコンビニは、以前から便利に利用させていただいていました。

コンビニの種類はいくつかあると思うのですが、どうしても御社のコンビニばかりを利用している自分がいました。

就職活動をする中で御社について調べると、それぞれの商品やサービスへのこだわりの高さを知り、自分が御社のコンビニを頻繁に利用していた理由が分かったように思いました。

こういった質の高い仕事をしている人たちと、私も一緒に仕事がしたいと考えて、今回応募させていただきました。

私は、大学4年に退学したのですが、3年からはゼミに加入しており、その中で物流システムについて研究を行う機会を得ました。

その中で御社について調べる機会を得たのですが、効率的にものを運ぶためには、ものを運ぶルートや保管場所、情報の流れまで様々な高度なシステムが構築されていることを知りました。

そういった高度なシステムの一役を担えることや、またモノを運ぶだけでなくお客様の満足度も大事にしている御社の姿勢に魅力を感じ、今回応募させていただきました。

アパレル会社で接客業のアルバイトをしていたのですが、研修や実務での指導が厳しかったことから、接客で必要なコミュニケーション能力やマナーが身に付きました。

そういった経験を活かせる仕事がしたいと求人を探していたところ、御社では上質なサービスを提供するをモットーに、宿泊されるお客様に心安らぐ時間を提供していることを知りました。

私のこれまでの経験が活かせるだけなく、御社の企業姿勢や提供されているサービスにも非常に魅力を感じましたので、応募させていただきました。

大学中退者向け就職支援サービスを利用して、模擬面接と面接対策を受けよう

ここまでの解説で、大学中退者の面接についてかなり理解できたと思います。

しかし、過去に正社員の面接を受けたことがない場合、実際の面接に参加すると苦戦する人が多いです。

なぜなら、はじめての面接では、質問にうまく答えられなかったり面接動作がうまくできなったりする人がたくさんいるからです。

本番の面接でこのような失敗をしないためには、模擬面接を受けたり専門の人と相談をしながらどのような形で回答するかを決めておくとよいでしょう。

最近になって、大学中退者向けの就職支援サービスを提供する企業が増えています。

このような大学中退者向けの就職支援サービスでは、

  • 模擬面接
  • 大学中退者が聞かれる質問への答え方のアドバイス
  • 大学中退者向けの求人紹介

などを、大学中退者専門のキャリアアドバイザー無料で行ってくれます。

模擬面接
模擬面接では、面接で必要なビジネスマナーと質問への回答内容をチェックしてもらえます。

事前に考えておいた回答内容を伝えることで、その内容が評価される内容になっているのかをチェックしてもらえます。
大学中退者が聞かれる質問への答え方のアドバイス
面接のアドバイスでは、キャリアアドバイザーが一人一人の状況に合わせて評価される回答内容を一緒に考えてくれます

大学中退理由や志望動機は一人一人違うので、それぞれの大学中退理由や志望理由をうまく伝える方法を教えてくれます。
大学中退者向けの求人紹介
大学中退者が面接でよい回答をしたとしても、それまでに大学中退者を採用したことがなかったり、大学中退者に悪い印象を持つ企業だと採用には結びつきません。

大学中退者向けの就職支援サービスで紹介される求人は、大学中退者の採用実績があったり大学中退者を積極採用している企業なので、面接が例えうまくできなかったとしても採用される可能性が高くなります

このようなサービスを利用することで、面接をうまく行えるようになったり、大学中退者が採用される確率の高い求人を紹介してもらえて、結果的に一人で就職活動を行うよりも早く内定を得る大学中退者が多いです。

利用者の内定率は8割まで達しているので、利用する価値は高いです。

以下の記事で、大学中退者向けの就職支援サービスを紹介しているので、チェックしてみてください。

recruitment-website.jpgのサムネイル画像大学中退者が使っている求人情報サイト一覧

大学中退者
人気求人情報サイトランキング

大学中退者に人気の求人情報サイトを、ランキング形式で紹介しています。

第1位
JAICセカンドカレッジ
JAICセカンドカレッジは、大学中退者向けの、研修付きの人材紹介サービスです。

大学中退者のために組まれた特別研修プログラムを受講して、中退というコンプレックスを乗り越えて正社員就職を実現できます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人情報サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第3位
リクルートスタッフィング
はじめて派遣社員を目指す人がたくさん利用している、人材派遣求人サイトです。

正社員になれる紹介予定派遣の求人も充実しています。

大学中退者が使っている全ての求人情報サイトを見たい方は、以下からチェックしてみてください。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る