仮面浪人後に大学中退して別の大学に再入学する方法

最終更新日:2018年4月20日

仮面浪人後に大学中退して別の大学に再入学する方法のアイキャッチ画像第一志望の大学に受からず滑り止めの大学に入学した人が、大学生活と平行して再度第一志望の大学の受験勉強をすることを「仮面浪人」といいます。

仮面浪人をすると、大学生活と受験勉強を両立させなければならないことから、体力的にも精神的にも疲れることが多いです。

しかし、仮面浪人にはメリットもあり、もし、再度受験をして不合格であっても滑り止めの大学にはそのまま通うことができます。

また、仮面浪人をしていた大学で取得した単位は、転学後の大学でも認定されるケースがあるようですので、大学での勉強も無駄にはなりません。

仮面浪人をしている大学での生活

仮面浪人をしている間は、受験勉強と大学生活を平行することになるのですが、先ほども書いたように単位は引き継げるケースがあるので、大学の授業もそれなりに頑張っておくと、次の大学で苦労せずにすみます。

また、再受験に失敗した場合、そのまま同じ大学に通うことになるので、大学では友人も作っておくほうがよいでしょう。

仮面浪人のことについては隠しておいてもよいのですが、付き合いが悪いと思われても困りますから機を見て話しておくとよいでしょう。

しかし、それらの友人は納得の上でその大学に通っている人がほとんどですから、大学の批判などはしないようにしましょう。

サークルなどについては、おそらく時間的な余裕がないでしょうから入るのは辞めておく方がよいでしょう。

サークルであれば2年次から入ることも可能な場合が多いので、もし不合格になったらその際に考えるとよいです。

仮面浪人は孤独な戦いですが、なんとか大学生活と折り合いを付けながら受験勉強に邁進するしかありません。

仮面浪人から進学までをスムーズに進めるための手続き

大学受験には前期と後期があるのですが、合格するなら前期で合格しておきたいです。

2度受験するのが負担だからということではなく、退学と進学の手続きには少し時間がかかってしまうからです。

もし、退学が上手くできないまま次の大学に進学してしまったら、二重在籍ということになり、下手をすれば両方の大学から除籍処分を下されかねないので注意しなければなりません。

受験日が近くなってきたら在籍大学の事務所に行き、今現在別の大学の受験勉強をしていることを話しておき、もし受かった際にはどのような手続きをすればよいのかの確認はしておくべきです。

合格前に話すのは躊躇するかもしれませんが、大事なことですし、もし不合格になっても笑ってごまかしておけばよいです。

では、以下で一般的な手続きの方法を簡単に見ていきます。

まず、合格したなら直ぐに退学届けを貰い、退学届けを提出します。

入学試験の前期を受験して、3月に合格が分かれば、その時点で提出します。

ただ、その後直ぐに退学証明書が発行されるわけではないので、少し待つことになります。

2週間ほどで退学が認められると、退学証明書が発行できるようになるので、それを転学先の大学に提出することになります。

後期試験の場合は、合格発表から入学までの時間があまりないので、前もって相談していた事務の人に事情を話して、退学証明書の発行を早くできるようにしてもらう必要があります。

そして、成績証明書も単位を引き継ぐ場合必要になりますので、後日取りに行く必要があります。

ここでは詳しくは書きませんが、奨学金など貰っている場合にも手続きが必要になってきますので、合格が決まったら早めに手続きをしておきましょう。

大学中退者
人気求人情報サイトランキング

大学中退者に人気の求人情報サイトを、ランキング形式で紹介します。

第1位
JAICセカンドカレッジ
JAICセカンドカレッジは、大学中退者向けの、研修付きの人材紹介サービスです。

大学中退者のために組まれた特別研修プログラムを受講して、中退というコンプレックスを乗り越えて正社員就職を実現できます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人情報サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第3位
リクルートスタッフィング
はじめて派遣社員を目指す人がたくさん利用している、人材派遣求人サイトです。

正社員になれる紹介予定派遣の求人も充実しています。

大学中退者が使っている全ての求人情報サイトを見たい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る