インターネットで評判が悪い企業は避けた方がよいのか?

インターネットで評判が悪い企業は避けた方がよいのか?のアイキャッチ画像インターネット上には、企業に関するあらゆる情報が掲載されています。

その中には企業を評価したものも多いですが、応募を検討していた企業が酷評されている場合は、採用選考に参加するのは止めておこうと考えてしまいがちです。

こういった場合は、どうすれば良いのでしょうか?

インターネットの情報だけを鵜呑みにはしない

インターネットの情報には、中々公には出てこない情報が掲載されている場合があり、参考になることも多いです。

以前はそういった役に立つ情報を見つけるのが難しかったのですが、最近では、インターネット上の情報も整理され、検索などを利用するとかなり信頼のできる情報を得ることができるようになってきました。

しかし、誰でも気軽に書き込める掲示板などには、まだまだ、信頼性が低い情報や、わざと悪い方向に誘導するような情報、ごく一部の出来事を一般的に行われているかのように記載した情報や、退職した人などが腹いせに企業の悪口を書きこんだ情報などが溢れています。

企業の内情に関する情報は、こういった掲示板でないと得られない場合も多いことから、就職活動をしている人にはチェックしている人もたくさんいます。

しかし、こういった情報だけを信じて、求人に応募するのをためらったり、せっかく内定を貰っても断ってしまう場合があるようですが、絶対に掲示板などの情報だけで判断はしないようにしたいです。

本当にその情報が信頼できるものなのかは、親や親戚など身近な人に確認してみたり、相談してみれば、知り合いを介して情報を仕入れてくれることがあります。

また、友人などに、すでに正社員として働いている人がいる場合は、一度聞いてみるのもよいでしょう。

それ以外にも中退した大学の就職課を訪ねて、対象企業のOBやOG訪問をしてみるというのもよいかもしれません。

こういった情報にも間違っている情報や企業側に気を遣って悪いことを言わない場合もあるかもしれませんが、不特定多数の人が書き込める掲示板の情報よりは何倍も信憑性が高いといえるでしょう。

採用選考に参加してから考えよう

インターネット上の情報でも、人を介した情報でも、完璧に信頼がおける情報はないといえます。

そうであるのならば、あまり考えすぎずに採用選考に参加してみるのも一つの手です。

採用選考に参加してみれば、採用担当者の表情や態度、社員の雰囲気など感じることができます。

そういった情報を得ただけで企業の良しあしを判断するのは難しいかもしれませんが、間接的な情報より、直感の方が頼りになることがあるので、何か違和感や嫌な感じがするという場合は避けるのも一つの方法です。

企業には社風というものがあり、従業員の態度や話し方などもその社風に染まっていることが多いです。

そういった社風には、良い悪いがあるというよりは、合う合わないがあると考えておくと良いでしょう。

何か違和感や嫌な感じがするということは、その企業はあなたにとって合わない可能性が高いのかもしれません。

内定を得たなら入社してみるのもよい

迷いがありながらも、選考に参加していれば内定が貰えてしまうこともあります。

もし、その企業以外にどうしても入社したい企業や選考に参加する予定がある企業がないのなら、入社してしまうのも良いのではないでしょうか。

一度入社して内情を見てみることで情報と現実の違いをはっきり認識することができるはずです。

どういった企業にも良い所も悪い所もありますが、それを受け入れられるのか、受け入れられないのかは、人によって全く違ってきます。(重大な法令違反などをしている場合は別問題です)

もし、入社してみてどうしても許せないことがあったとしても、転職をするのは今や普通の時代になっているので、それ程心配をする必要はありません。

まとめ

インターネット上の情報だけを見ていると、「なんて悪い企業だ」と思ってしまうことがあります。

しかし、現実に働いている人の声を聞いてみると、「賃金は低いけど自由がきくので良い」といったことや、「残業が多いけど社員同士の結束が強くやりがいがある」という声をよく聞きます。

また、「転勤は多いけど、将来役職を目指すなら仕方ない」といった覚悟を持っている人の声も多いです。

それぞれの人が様々なやりがいや楽しみ方、覚悟や体力といった基準を持っていて、その基準に企業の社風が合うか合わないかが何よりも重要なのだと思います。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上に
戻る