大学中退者は転職求人サイトを利用できるのか?

最終更新日: 2018年6月19日

大学中退者は転職求人サイトを利用できるのか?のアイキャッチ画像

大学中退者は、新卒者用の求人情報サイトが使いづらい状況にあります。

新卒求人情報サイトの求人は、対象者を大学3年生や4年生としたものがほとんどです。

また、応募できたとしても応募者の多くが新卒者ですので、大学中退者は採用に至らないということになりがちだからです。

そういったことから、大学中退者は、どの求人情報サイトを利用すればいいのか迷うのですが、最終的には、転職求人サイトを利用して内定を得ている人が多いです。

大学中退者も転職求人情報サイトを利用できる

新卒者用の求人サイトが使えないので、転職者用の求人サイトが候補に上がってくるのですが、大学中退者は転職者でもないので、本当に転職求人サイトを使ってよいのか悩んでしまうようです。

しかし、主な求人サイトには、

  • 新卒者用の求人サイト
  • 転職者用の求人サイト

の二種類しかないので、大学中退者や既卒、フリーターといった人たちは、転職求人サイトを使っているケースが多いです。

転職求人サイトには、仕事経験のある人を対象とした求人ばかりでなく、未経験者を対象とした様々な職種の求人が用意されています。

わざわざ、『フリーター歓迎』といった表記をしている求人もあるくらいなので、大学中退者が使ってよいのか迷う必要はまったくないです。

大学中退者が転職サイトを上手に使う方法

大学中退者が転職求人情報サイトを上手く使うには、『未経験歓迎』の求人を探すことです。

参考

『未経験歓迎』と表記している場合の、未経験には『就職未経験』『業界未経験』『職種未経験』など、いくつか種類があリます。

以下で、詳しく解説しているので参考にしてみてください。

『未経験歓迎』の表記がある求人には、大学中退者も応募できるの?のアイキャッチ画像『未経験歓迎』の表記がある求人には大学中退者も応募できるの?

検索ボックスが用意されているサイトであれば、『未経験』のキーワードで検索すると多くの求人がヒットします。

『未経験』というキーワードに加えて、自分の希望している職種のキーワードを追加すると、希望職種の未経験歓迎求人に絞ることができます。

職種ごとの未経験歓迎の求人数の傾向としては、

  • 営業職
  • 販売職

が、特に未経験歓迎の求人が多いです。

また、

  • システムエンジニア
  • プログラマ

といったIT関連職種も、人材不足であったり、研修が充実していることが多いので、未経験者を多く募集しているので狙い目です。

  • 事務職

は、人気が高い職種なので、経験者が多く募集されており、未経験者を対象とした求人は少ない傾向にあります。

もし、事務職の求人で未経験者を対象としたものを見つけたら、早めに応募しておきたいです。

その他、『未経験』というワードと共に、検索する際に利用したいワードとしては、

  • 『働きたい地域名』
  • 『正社員』
  • 『フリーター歓迎』
  • 『女性』
  • 『研修』

などがあるので、検索する際にこういったワードを利用してみてください。

大学中退者がよく利用していて、未経験者歓迎の求人が多い求人サイトに「リクナビNEXT」や「女の転職@type」などがあるので、ぜひ活用してみて下さい。

リクナビNEXT
リクナビNEXTの詳細はこちら

recruitment-website-7.png
女の転職@typeの詳細はこちら

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上に
戻る