就職活動の説明会や面接で、「私服で来て下さい」と言われたら私服で行ってもよいのか?

就職活動の説明会や面接で、「私服で来て下さい」と言われたら私服で行ってもよいのか?のアイキャッチ画像最近ではIT業界を中心に、私服で仕事をする企業が増えてきています。

就職活動時にも面接や説明会で、「私服可」や「私服で来て下さい」と案内をする企業もあります。

こういった案内を受けた場合、私服で行ってもよいのか、そして、どういった私服だと好印象なのでしょうか。

「私服可」だとスーツで行く人が多く、「私服で来て下さい」なら私服で行く人が多い

企業側が「私服可」としているなら私服であろうと、スーツであろうと特に問題にはなりません

しかし、参加する多くの人が「私服可」という表記をされると、スーツで行くという現象が起こりやすいようです。

一方、「私服で来て下さい」と言われた場合は、私服で行く人が多く、逆にスーツで行くと指定した服装で来れていないのですから評価が下がってしまう可能性があります。

はっきりと指定がある場合には、TPOに合わせた服装を私服でもできるかが、見られていることもあるので、私服で行くようにすべきでしょう。

どのような私服で面接や説明会に参加すべきか?

いざ私服で行くとなっても、どのような私服で行けばよいのか迷ってしまうと思います。

私服でOKということであれば、どのような私服でも問題なしとすべきなのでしょうが、採用選考ではそうはいかないということが多いです。

男性でも女性でも、ある程度就職活動に着ていくべき私服の型のようなものがあり、ジーパンやTシャツなどラフすぎる格好で行くと、変に浮いてしまい評価が悪くなる可能性もあります。

自分では、採用選考に着ていく私服がどうしても分からないということであれば、AOKIや青山などの店員に聞いてみるとよいでしょう。

最近では、スーツ離れが進んでスーツを扱う店でもカジュアルな服を扱うようになってきているので、アドバイスをもらえるはずです。

もし、あなたが、アパレル業界や美容師など服装が重要な職業に勤めたいのなら、さすがに自分で考えてどういった服装をすべきか決めてくべきでしょう。

こういった業界では、他業界に比べて、個性が強かったりオシャレな服装が許される業界ではあるのですが、ある程度の許容範囲はあるので、業界の空気を読みながら服装を決定すべきでしょう。

まとめ

「私服可」という表記がされるようになった当初は、スーツばかり着ている就職活動生は疲れるだろうから、普段着ている服でもよい、という面接官側の配慮があったのかもしれません。

しかし、結局は私服といっても多くの人が同じような私服を着て就職活動に参加するということになっています。

少し矛盾しているような気もしますが、仕事をはじめてからもTPOに合わせた服装をすることが多いので、その練習と思っておくとよいでしょう。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上に
戻る