大学中退後に複数の内定を貰ったら、入社する企業をどうやって選ぶ?

大学中退後に複数の内定を貰ったら、入社する企業をどうやって選ぶ?のアイキャッチ画像大学中退をしていても、活発そうな人であったり、バイトなどでリーダーとして活躍していたような人の場合、案外就職活動がスムーズに進むことがあります。

企業も学歴は重視しているのですが、学歴だけで仕事ができる訳ではないので、明らかに就職後に活躍すると思われるような人の場合、内定がすぐにでることがあるのです。

私の知っている中でも、就職活動が長くなると思っていた人が1社目で決まってしまい入社するのか迷ってしまったという人もいます。

このように直ぐに内定が出たり、複数社から内定をもらった場合、どの企業に入社すればよいのか迷ってしまようなのですが、どのようにきめるべきなのでしょう。

どの企業に入社するのかどうしても決められないなら、企業の規模重視で選ぶ

複数社から内定をもらったものの、どの企業に入社すれば良いのか分からないということでしたら、規模重視で決めてしまって良いでしょう。

規模の大きな企業の方が、福利厚生や給与システムがきっちりできている場合が多いですし、研修などの制度もあるのでスキルアップをしていける可能性が高いからです。

確かに、今現在は企業規模が大きくても倒産のリスクが無いわけではないのですが、それを言うのなら中小企業の方がリスクは高いわけで、やはり規模の大きな企業が有利になるケースは多いです。

ただし、大企業にも問題が無いわけではなく、希望した仕事ができなかったり、転勤が多く地方や海外で働く可能性があるという様なケースもあります。

こういったケースがどうしても嫌ということでしたら、規模で決めることはお勧めしませんが、特に決める基準が無いというのでしたら、規模で決めるのが良い結果になる可能性は高いです。

こだわりがあるなら、自分の判断を信じよう

企業規模で決めるというのは一般の人でも考えることで、なぜこの基準が最もよく選ばれるかと言えば、確率的に良い結果を得られる可能性が高いからです。

あくまで、確率的に一般人が考える良い結果を得られるというだけの事ですので、どうしても譲れない事があるのなら自分の判断を信じるべきでしょう。

  • どうしても就きたい職種がある
  • 小さくても良いから自宅の近くで働きたい
  • 転勤はできるだけしたくない

という様な場合は中小企業の方が良いかもしれません。

また、企業を探す内に、中小企業の社長の魅力に惹かれるという事もあると思います。

大企業の社長はすごい人も多いですが、創業者ではないのでサラリーマン社長が多かったり、平社員との接点がほとんどなかったりすることもあります。

一方、中小企業の場合は、創業経営者の可能性が高く熱い社長が多い事や、社員との距離が近く企業の成長を自分のことのように感じられるなどの魅力もあります。

また、人数が少ないので、一人に任せられる仕事の幅が広かったり、権限が大きいなどといった事もあります。

こういった事を就職活動の間によいなぁと思ったなら、その直感を信じても良いかもしれません。

企業規模で選ばないとなれば、後は自分の好みと直感を信じて選ぶしかありません。

ただ、どういった基準で企業を選ぶにしろ、最後は親や友人ではなく、自分で決めるという事は忘れないで下さい。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上に
戻る