転勤や出向を命じられたら従わないといけないの?

転勤や出向を命じられたら従わないといけないの?のアイキャッチ画像就職して働くのになれてきた頃に、転勤や出向を命じられることがあります。

転勤先や出向先が良い場所でも、慣れた場所を離れて勤務するのには抵抗がある人も多いのではないでしょうか。

転勤や出向を命じられた際に断ることは可能なのでしょうか?

転勤や出向を命じられたら従わなければならない

法律上、転勤や出向の命令が行われる際には、従業員側の承諾が必要とはされていません。

残念ながら、転勤や出向を命じられた場合には、その命令に従わないと業務命令違反になってしまい、悪くすれば解雇になる可能性もあるので従わざるをえないのです。

かなり横暴な仕組みであるともいえるのですが、支社がたくさんある場合などには、本社と支社の間での人員移動が必要な場面は頻繁にあることですので、企業の権利として認められています。

ですので、就職活動をする際には、転勤や出向がある企業なのかどうか、という事は事前に調べておき、命じられたときに自分は対応できるのか、については考えておくとよいでしょう。

最近では、転勤や出向を嫌う若者も増えてきているので、現地採用という形でその土地でずっと雇用するという形態を取る企業も増えてきています。

もし、転勤や出向がどうしても嫌という事でしたら、転勤や出向が無いという事をアピールしている企業に応募したり、中小企業で支社や他事業所がない企業に就職すれば転勤や出向の可能性はかなり低くなります。

若い内は転勤や出向をあまり避けない方が良い場合も

転勤や出向にネガティブな印象を持っている人は多いかもしれませんが、様々な土地を知ることができたり、経験という意味でも違った職場で働く事は成長につながることが多いはずです。

転勤や出向といってもかならずしも、本社から地方への配属で、評価が悪い人が適用されるという事ではありません。

他の都道府県や海外での事業を拡大させる際などには、優秀な人材をその場所に送り込むこともあります。

また、子会社などで成績が優秀な場合に、本社へ転勤をさせるという全く逆のケースもあります。

一般的なイメージで転勤や出向を避けていると、自らの可能性を狭めることにもなりかねないので、あまり神経質になり過ぎるのはよくないでしょう。

まとめ

給料や福利厚生についてはよく調べている人も、転勤や出向についてはあまり知らないまま就職活動をしている人は意外と多いです。

上記したように、あまり神経質になる必要はありませんが、事前に転勤や出向があるのか、ないのか位は調べておくとよいでしょう。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上に
戻る