ハンバーガーメニューの画像

大学中退者の給料はどれくらい?

最終更新日:2019年11月11日

pay-level.jpg

大学中退者も、企業に入社して一か月間働くと初任給がもらえます。

はじめての給料は誰もがうれしいものですが、大学中退者の給料はいったいどれくらいになるのでしょうか。

ここでは、大学中退者の給料に関して解説していきます。

大学中退後に、はじめて正社員就職した人の初年度年収

大学中退者が正社員就職した場合、初年度の年収はどれくらいになるのでしょうか?

以下のグラフは、2019年10月に当社が大学中退者100名に、「大学中退後に、はじめて正社員就職した初年度の年収」についてアンケートを行った結果です。

大学中退後にはじめて正社員就職した初年度の年収。251~300万円、25%。151~200万円、21%。301~350万円、20%。201~250万円、13%。101~150万円、11%。351~400万円、4%。100万円以下、3%。401~450万円、2%。451~500万円、1%。501万円以上、0%。

大学中退者の初年度年収で最も多いのは、251~300万円(25%)、それ以降には、151~200万円(21%)、301~350万円(20%)が続きます。

しかし、201~250万円(13%)や101~150万円(11%)の割合も高く、大学中退者の初年度年収は結構バラけているように見えます。

これだけ大学中退者の年収に違いが出るのは、大学中退の学歴が原因になっていることが多いです。

大学中退者の給料は、入社する企業の学歴の扱い方によって大きく違う

以下の記事でも解説しているのですが、大学中退者は入社する企業によって学歴の扱いが違います

大学中退をする学年によって、就職活動の際の評価は変わるのか?のアイキャッチ画像大学中退をする学年によって、就職活動の際の評価は変わるのか?

大学中退者が、高卒として扱われる場合や、短大卒として扱われる場合、中には大卒と同じに扱われる場合もあります。

企業は学歴によって給与水準を決めることが多いので、大学中退の学歴がどのように扱われるのかによって、給与が大きく変化します。

企業によっては、大学中退者のために特別の給与水準を設ける場合もあります。

この辺りは企業によって対応が違うのですが、大卒と同じ給与水準になることはあまりないので、期待しすぎないようにしましょう。

それでは、学歴ごとの初任給(月額)について、厚生労働省が平成27年に調査をした結果が出ているので、こちらも見てみましょう。

<大卒初任給>

男性 20万4,500円 女性19万8,000円

<高専・短大卒初任給>

男性 17万7,300円 女性17万4,600円

<高校卒初任給>

男性 16万3,400円 女性15万6,200円

高卒と大卒では、男性女性ともに4万円ほどの差があります。

そして、短大卒が、高卒と大卒の中間くらいの金額になります。

これらの初任給から、年齢が上がったり、役職が上がっていき、給料がピークになるのは50~54歳くらいなので、その時点での学歴別の月給も見てみましょう。

<大学・大学院卒>

54万4,100円

<高専・短大卒>

40万8,900円

<高校卒、平均月収>

34万8,300円

大卒と高卒の差は初任給では4万円ほどだったのですが、50歳前後になると20万円近くの差になっています。

あくまで平均的な数値ですが、これくらいの差が出る可能性があるということは、知っておかなければならないでしょう。

面接での給料額の確認は慎重に

大卒と高卒では、初任給で4万円、50歳前後で20万円も差があるのですから、入社当初にどの学歴の給与水準が適用されるのかは気になるところです。

当然、採用選考時に確認しなければならないのですが、給料額の確認は慎重に行わなければなりません

気になるからといって面接でいきなり給料について質問すると、給料額ばかりを気にしているのだと判断されて低評価になる場合もあります。

給料に関しての質問は、面接の最後で質問はありますか、と聞かれたときに確認するとよいでしょう。

「私は大学中退をしているのですが、採用された場合、給料はどれくらいの金額になるのでしょうか?」

確認をした給料が少なくて、それが嫌だということでしたら、これ以上の採用選考に参加するのを辞退することもできます

しかし、あまり欲を持ちすぎるとなかなか採用されないという事態になりかねません。

どしても提示された金額より高い給料が欲しい場合は、一度就職してキャリアを積み、転職するのがおすすめです。

転職であれば採用選考で重視されるのが、「学歴」から、これまでの仕事の「実績」に変化するので、学歴重視で採用される場合に比べて給料額が上がる場合が多いからです。

転職は、20代後半が有利になるので、その時点で給料額に不満があるのでしたら、転職をするのもよいかもしれません。

関連記事

大学中退者は、転職すれば年収は増えるの?大学中退者は、転職すれば年収は増えるの?

大学中退者の給料額を確認したい場合は、人材紹介会社に聞いてもらう方法もおすすめ

ここまで紹介してきたように、大学中退者の給料は、面接で確認するまで詳しく知ることが難しいです。

しかし、人材紹介会社を経由して就職活動を行えば、人材紹介会社が企業に給料がどれくらいになるのか確認してくれるので、採用選考に参加する前に知ることができます。

もし、この段階で低い金額を伝えられた場合は、採用選考に参加する前に辞退することができるので、効率的に就職活動が行えるでしょう。

今は、大学中退者向けの人材紹介会社が出てきて、大学中退者向けの求人を紹介してくれたり、大学中退者がつまづきやすい面接や履歴書のポイントも教えてくれるので、便利に利用できるはずです。

大学中退者向けの人材紹介会社は以下の記事で紹介していて、無料で利用できるので、効率的に就職活動を行いたい人は利用してみてください。

recruitment-website.jpgのサムネイル画像大学中退者が使っている求人サイト一覧

まとめ

大学中退者は、企業によって給料が大きく変化する可能性があります。

面接の最後に「質問はありますか」と聞かれた際に、給料額について確認するとよいでしょう。

また、人材紹介会社を利用して、採用選考に参加する前に給料額を確認してもらうのもよいでしょう。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る