大学中退後に資格を取得すると、就職活動で有利になるのか?

大学中退後に資格を取得すると、就職活動で有利になるのか?のアイキャッチ画像大学中退後に資格取得を考えている人もいると思いますが、資格を持っていると、就職活動をはじめた際に有利になるのでしょうか?

採用選考において資格がどのように扱われるのか解説していきます。

仕事に関係のある資格であれば、取得すると一定の評価が得られる

資格にも様々な種類があるのですが、就職活動のために取得するなら働き出してからも活かすことができる資格にしておくと一定の評価が得られます。

就職後に活かすことができる資格を知るには、

recruitment-website.jpgのサムネイル画像大学中退者が使っている求人情報サイト一覧

の中の求人サイトを見て、未経験者歓迎ではない求人情報をチェックするとよいです。

経験者採用の求人では、採用条件に必要な資格が掲載されていることが多く、そこに掲載されている資格は仕事をする上で役に立つと考えることができます。

ただし、即戦力を期待している求人はかなり難易度の高い資格を条件にしていることもあるので、複数の求人を調べて最も基礎的な資格を取得するようにするとよいでしょう。

高度資格取得は慎重に

国家資格やその他の難易度の高い資格を取得するには、勉強に1年以上かかる場合もあるので注意が必要です。

それだけ勉強しても取得できない場合には、履歴書に取得資格として記入することもできないので、就職活動が不利になることもあります。(取得できなくても勉強をしていたことは明記しておく)

難易度の高い資格は、就職活動から逃れるためといった動機で勉強をしても受かることは難しいので、もし目指すのなら就職活動で不利になる可能性も知った上で覚悟をもって勉強するようにしたいです。

大学中退期間の空白期間を作らないために有効

資格取得をしていれば、大学中退後の空白期間を作らないで済むので履歴書や面接での説明がしやすくなります。

大学中退者の場合、中退という不利な部分を持っているので、できるなら空白期間は作らないようにしたいです。

就職活動をまだする予定がないということなら、資格取得を一つの選択肢と考えてもよいでしょう。

まとめ

企業にとって資格取得が意味するところは、一定の知識が身についているということ以上ではありません。

雇う際に履歴書や面接で評価する項目は様々あり、資格取得はそれらの内の一つでしかないのです。

資格を取得していても、それ以外の部分で評価が低いなら内定は得られません。

逆に、資格取得が加点となって、本来なら不合格であった人が合格になることもあるので、資格取得のメリットがどれくらいあるのかよく考えて、取得するのかを決めるようにしたいです。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上に
戻る