ハンバーガーメニューの画像

大学中退者が企業の資料やパンフレットが欲しい時にはどうすれば良いか?

最終更新日:2017年9月20日

大学中退者が企業の資料やパンフレットが欲しい時にはどうすれば良いか?のアイキャッチ画像新卒の人には、放っておいても企業から採用に関しての資料やパンフレットがたくさん届きます。

あまりにたくさん届きすぎてうんざりする事もある位ですが、大学中退者にはそういった資料が一切届くことがありません。

こういった資料やパンフレットには企業情報が詳しくまとめられていて、参考になる部分もあるので欲しいという人もいると思いますが、そういった場合にはどうすれば良いでしょうか?

メールで問い合わせて、資料送付をお願いしてみよう

資料やパンフレットは新卒者用にたくさん作っている事が多いので、資料を送ってくれるように人事部宛にメールをすれば送って貰える可能性があります。

合わせて、簡単に自己紹介文や自己PR文、大学を中退している事などについて記載しておけば、返信のメールの内容で人事部側の評価を知ることが出来るかもしれません。

請求した際に、大学中退者の採用は行っておりませんといった反応を貰えたのなら、採用選考に参加する手間が省けたことになりますし、快い返信とともに資料を送付してくれれば採用の可能性があると判断出来るでしょう。

どういった反応であっても、損をする事は無いので、気になる企業があって、資料が欲しいという場合にはメールしてみると良いでしょう。

資料請求メールの例

資料請求をメールで行う際には、以下の例を参考にしてみてください。

自己PRや志望動機については、履歴書に記載する内容と同じにするか、概要を書くかなどの検討をする必要があります。

宛先:〜@〜.co.jp

件名:資料送付のお願い

〜株式会社
採用ご担当者様

前略

私は〜大学中退後に就職活動をしている〜と申します。
求人情報を見る中で貴社に興味を持ち、貴社についてより詳しく知りたいと考えております。
もし企業情報が記載された資料やパンフレットがございましたら、送付いただけないでしょう。
以下に記載しました、住所まで資料をご送付いただけるとありがたいです。

何卒よろしくお願いいたします。

(文章の最後に簡単な自己PRや志望動機などを記載しておくのもよいでしょう)

名前:山田 一郎
住所:東京都〜区〜
Eメールアドレス:〜@~.co.jp
電話:xxx-xxx-xxxx
携帯電話:090-xxxx-xxxx

まとめ

資料の請求をする場合、資料請求メールの内容が企業側にとって、あなたへの第一印象となるので、メールのマナーと記載内容については十分配慮するようにしましょう。

接触回数が多ければ多いほど、親しみが増してくるという事もあるので、メールのやりとりを採用選考前に行うのは選考時に良い影響として働くかもしれません。

大学中退者に
人気の求人サイトランキング

大学中退者に人気の求人サイトを、ランキング形式で紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAIC(ジェイック)は、大学中退者向けの、研修付きの就職支援サービスです。

大学中退者のために組まれた特別研修プログラムを受講して、中退というコンプレックスを乗り越えて正社員就職を実現できます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第3位
リクルートスタッフィング
リクルートスタッフィングは、はじめて派遣社員を目指す人がたくさん利用している、人材派遣求人サイトです。

正社員になれる紹介予定派遣の求人も充実しています。

大学中退者が使っている全ての求人サイトを見たい方は、以下からチェックしてみてください。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る