大学中退の学歴は履歴書に書くべきか?

大学中退の学歴は履歴書に書くべきか?のアイキャッチ画像大学中退者の履歴書の書き方」で履歴書の書き方を一通り説明していきました。

そこでも、説明してきたように大学中退という学歴については、基本的に履歴書に書くべきです。

ただし、事情がある場合には、大学中退履歴を記入しないという選択肢をとることもできます。

大学中退の学歴を履歴書に記入すべきケースと、記入しない方がよいケースには、どういったものがあるのでしょうか。

就職後の、給料や昇進を意識するなら、大学中退の学歴を履歴書に書くべき

大学中退という学歴を高卒扱いする企業があることについては、

大学中退者の履歴書の書き方の画像大学中退は学歴として認められるのか?高卒になるのか?

で、説明しました。

しかし、中退をした年次によっては、短大卒扱いされたり、大学中退を経歴として認識する企業もあります。

このあたりのことは、入社してみなければ分からない場合が多いですし、これまでに大学中退者を採用したことがない中小企業などの場合には、大学中退者の扱いをどうするのか採用してから検討するような場合もあります。

学歴が影響してくるのは、主に、給料や昇進においてです。

日本では、成果主義の給料制度を採用する企業も増えてきていますが、まだまだ、年齢や学歴に応じて給料が決まることが多いです。

また、学歴に応じて、就ける職種や役職を区別している企業もたくさんあります。

大学中退について履歴書に記載しない場合、給料や昇進に学歴が大きく影響することがあるので、基本的には大学中退という学歴については書いておくようにしたいです。

注意

学歴は、仕事をはじめてから、上司や後輩、取引先の人と話をするような時に、よく出てくる話題でもあります。

そういった時に、履歴書に記載していない学歴を言うことはできないので、学歴の話題が出る度に適当にごまかす必要が出てきます。

同じ大学や同じ地域の大学に通っていると、親近感を覚えてくれる人も多いのですが、そういった場合にも学歴について話しにくい状況になってしまいます。

こういったケースも考えると、やはり、大学中退については記載すべきといえるでしょう。

大学中退の学歴が原因で、不採用が続いている場合は、履歴書に書かない手も

上記してきたように、大学中退の学歴は、就職活動の序盤には履歴書に記入しておくべきです。

しかし、どうしても大学中退履歴が原因になって採用されないという時には、途中から中退履歴を記入せずに、就職活動をするという方法も考えてもよいかもしれません。

この場合、高卒になるので、大卒を対象とした求人には基本的に応募できないですし、入社後の給料制度も、高卒者を対象としたものが適用されます。

ただし、本当に大学中退履歴が原因で不採用になっているのか知るのは難しいです。

大学中退履歴が減点対象となりやすいのは確かですが、それ以外にも採用するための基準はたくさん用意されているので、大学中退による減点を取り返す余地はたくさんあります。

多くの場合、大学中退者は、「長く物事を続けることができないのでは」という印象を持たれているので、そのイメージを消すような、やる気や元気を見せることができれば、学歴が問題にならないケースもあります。

大学中退履歴を書かないという選択肢を選ぶことは可能ですが、本当にそれが原因で採用されないのかもう一度よく考えてからにしたいです。

まとめ

大学中退者の人の中には、大学中退履歴を履歴書に書くべきかどうか迷う人が非常に多いです。

就職活動のことだけを考えて、マイナス要素をできるだけ減らしたいからだと思います。

しかし、後々のことまで考えると、書かないという選択をするというのは相当覚悟が必要だと思います。

以下の記事で、大学中退という履歴について、どのように説明するのか書いているので、こちらもぜひ参考にしてみて下さい。

大学中退者が面接で気をつけたいことの画像大学中退者が面接で気をつけたいこと

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上に
戻る