ハンバーガーメニューの画像

大学中退後にしていたアルバイトは職歴になるの?

最終更新日:2018年4月10日

大学中退後にしていたアルバイトは職歴になるの?のアイキャッチ画像

大学在籍中や大学中退後にアルバイトをしている人は多いです。

このようなアルバイトをしていた経験は、職歴になるのでしょうか。

また、履歴書や職務経歴書の職歴欄に記入すべきなのでしょうか。

正社員未経験者にとって、アルバイトは職歴と考えよう

正社員経験のある転職者は、アルバイト経験を履歴書や職務経歴書に記入することはほとんどありません。

しかし、正社員の仕事未経験者はアルバイトを職歴とみなして、履歴書や職務経歴書でアピールすることで評価が得られる場合があります

特にアルバイトの仕事内容が、正社員就職する予定の職種に関係のある仕事であれば、経験をすぐに活かすことができるので評価を得られることが多いです。

アルバイトとは関係のない職種で正社員就職する場合でも、アルバイト経験で得た接客経験や従業員同士の人間関係構築力、アルバイト期間が長ければ長期的に働く忍耐力などをアピールできます

このような基礎的な人間力がある人は、将来的に正社員の仕事でも活躍できることが多いので、採用担当者の評価も高くなることが多いです。

大学中退者には、アピールできるようなことが少ない人も多いので、アルバイトで経験したことをしっかり振り返って、アピールできることをまとめておきましょう。

アルバイトの職歴を履歴書に記入する方法

履歴書にアルバイトの職歴を記入する場合は、「学歴欄」や「学歴・職歴欄」に以下のように記入します。

     学歴
     ・
     ・
     ・
平成〜年〜月 ○○大学中途退学

     職歴
平成〜年〜月 △△株式会社 接客アルバイトとして勤務
平成〜年〜月 現在在職中 あるいは 自己都合により退職

履歴書は、学歴と職歴を同じ欄に記入する形式が多いです。

まず学歴を記入した後に、次の行を空白にします。

そして、空白行の次の行に「職歴」と書いて、その次の行からアルバイトの職歴を記入します。

複数のアルバイト経験がある場合、それらの経験がアピールになると考えるのならば記入してもよいですが、あまりに多く短期間に転職していると、仕事を続けることが苦手な人ではないかと思われる可能性があります

アルバイトの職歴は、高額の給料をもらっていて、厚生年金に加入していた場合を除いて、他社が知ることはほとんどできません。

ですので、アピールになりそうなアルバイト経験だけを選んで記入しておくとよいでしょう。

まとめ

大学中退者にとってアルバイト経験は、アピール材料の一つです。

しっかりアルバイト経験を振り返って、履歴書や面接でアピールしましょう。

もし、アルバイト経験を職務経歴書に書きたい場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

職務経歴が無い人の職務経歴書の書き方の画像職務経歴が無い人の職務経歴書の書き方

関連記事

大学中退者の履歴書の書き方の画像大学中退者の履歴書の書き方

大学中退者に
人気の求人サイトランキング

大学中退者に人気の求人サイトを、ランキング形式で紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAIC(ジェイック)は、大学中退者向けの、研修付きの就職支援サービスです。

大学中退者のために組まれた特別研修プログラムを受講して、中退というコンプレックスを乗り越えて正社員就職を実現できます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第3位
リクルートスタッフィング
リクルートスタッフィングは、はじめて派遣社員を目指す人がたくさん利用している、人材派遣求人サイトです。

正社員になれる紹介予定派遣の求人も充実しています。

大学中退者が使っている全ての求人サイトを見たい方は、以下からチェックしてみてください。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る