ハンバーガーメニューの画像

面接や履歴書作成で役立つPREP法とは?

最終更新日:2018年1月19日

面接や履歴書作成で役立つPREP法とは?のアイキャッチ画像面接での回答や履歴書の作成で苦労されている人は多いのではないでしょうか?

企業毎に違った回答や志望動機を考えなければならないので、嫌になってしまうかもしれません。

そういった人は、PREP法を使うと、回答内容や文章作成が効率的に行えるようになるので、ここで解説していきます。

面接の回答や履歴書を作成する時に、毎回一から考えない

面接の回答や履歴書を作成する時に、他の企業と同じ内容だと評価が低くなってしまいます。

どこの企業でも通用するような内容だと、具体性がなくて説得力がないからです。

  • 「御社の革新的な商品に魅力を感じました。」
  • 「私はやる気があるので、御社で活躍できると思います。」

こういった内容だけを伝えても、面接官に何の印象も残さないのは分かると思います。

しかし、毎回違った内容を作らないといけないと思い、一から考え出すのは効率がよくありません

企業研究を行う作業は毎回必要ですが、内容を作る際には型にそって作成すると効率的に作成することができます

その型の一つが、PREP法です。

PREP法とは?

PREPとは、POINT(結論)、REASON(理由)、EXAMPLE(例)、POINT(最終結論)の総称です。

仕事でプレゼンテーションをする際に、よく利用されている表現手法の一つです。

この型の順番にそって、面接の回答内容を考えたり、文章作成をすることで、具体的でわかりやすく、説得力がある内容を効率的に作ることができます

小論文作成などで、はじめに結論を述べるのが重要だと聞いたことがある人もいるかもしれませんが、PREP法でもはじめに結論を持ってきます。

結論を先に述べることで、最も重要なことを印象づけることができます。

また、何についてこれから話すのか方向感を聞き手に示すこともできるので、後の内容も頭に入ってきやすいです。

結論だけで終わってしまうと具体性がないので、続いて結論の理由や例を説明することで説得力や真実味が出て相手に強く印象づけることができます

この方法を利用して、面接の回答や履歴書の内容を考えてみましょう。

PREP法を使った面接回答、履歴書の内容

PREP法を使って、大学中退者が自己PRをする場合の例が以下のようなものです。

POINT(結論)
私は大学中退をしているのですが、継続力や根気は他の人に負けないと思っています。
REASON(理由)
大学は経済的な理由で中退してしてしまったのですが、それ以外の活動においては長期的に取り組んでいることがたくさんあります。
EXAMPLE(具体例)
中学から高校まで陸上部に所属し、長距離ランナーとして地区大会などでは優勝もしました。 居酒屋のアルバイトも大学生時代から既に3年以上継続しており、今では後輩の指導や管理も、担当させてもらえるようになりました。
POINT(最終結論)
このように、継続力や根気は人並み以上にあると思いますので、御社においても長期的に活躍できるのではないかと思います。

あくまで例なので簡潔に述べてしまっていますが、具体例などをさらに詳しく説明するとさらによくなるでしょう。

まとめ

PREP法はあくまで一表現方法なので、必ずこの方法に従わなければならないということはないです。

しかし、面接や履歴書対策で苦労している場合は、ぜひ利用してみて下さい。

大学中退者に
人気の求人サイトランキング

大学中退者に人気の求人サイトを、ランキング形式で紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAIC(ジェイック)は、大学中退者向けの、研修付きの就職支援サービスです。

大学中退者のために組まれた特別研修プログラムを受講して、中退というコンプレックスを乗り越えて正社員就職を実現できます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第3位
リクルートスタッフィング
リクルートスタッフィングは、はじめて派遣社員を目指す人がたくさん利用している、人材派遣求人サイトです。

正社員になれる紹介予定派遣の求人も充実しています。

大学中退者が使っている全ての求人サイトを見たい方は、以下からチェックしてみてください。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る