筆記試験の結果は、採用選考での評価にどれくらい影響するのか?

最終更新日:2017年7月24日

筆記試験の結果は、採用選考での評価にどれくらい影響するのか?のアイキャッチ画像

企業の採用選考では、面接の前に筆記試験が行われることは多いです。

しかし、「筆記試験はそれほど重視されない」ということもよくいわれます。

そこで、ここでは、筆記試験の結果が、採用選考での評価にどれくらい影響するのか解説します。

面接重視に変わりないが、高得点取得者は注目される

就職活動では、「筆記試験よりも面接が重視される」ということを聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

実際、採用選考において、「筆記試験は、最低限の点数を満たしていれば不合格にしない」と考える採用担当者は多いです。

仕事は人と人とのコミュニケーションで成り立つので、筆記試験の結果に関わらず、面接で高評価を得られる人は仕事ができる可能性が高いからです。

しかし、筆記試験が周りの受験者に比べて高い場合には、面接でも注目されるのは間違いないです。

面接の際には、面接官が、応募者の筆記試験の点数を見られるようになっていることが多いので、高得点の人には少し期待するからです。

ですので、平均的な点数の人よりも、高得点の人は少しだけ有利な立場になれる可能性があります。

大学中退者など面接で不利になりがちな人は筆記試験で少しでも高い点数を取っておくと、大学中退者の不利な部分を軽減できる可能性があります。

ですので、採用選考では面接対策をしっかりすることは必要ですが、筆記試験に関しても1日何時間と決めて勉強するようにしておくとよいでしょう。

筆記試験は慣れてくるとどんどん点数が上がる

採用選考で使われている筆記試験には、問題は違っても傾向が同じ試験がたくさんあります

業界が同じなら、1社目で受験した試験と酷似した問題が2社目で出題されるということもよく起こります。

ですので、一般的に筆記試験は受ければ受けるほど高得点が獲得できるようになってきます。

このような傾向をふまえて就職活動を有利に進めることを考えると、第一志望の企業の採用選考に参加するのは、志望度の低い企業を何社か受けた後にすると、よい結果を得られる可能性が高くなります。

上記したように筆記試験の点数次第で面接で有利になる可能性があるので、志望度順に求人を並べて、どのような順番で受験するのかを考えておくとよいでしょう。

求人の応募の仕方については、以下の記事でも解説しているのでチェックしてみてください。

内定が早く得られる、就職活動の中で得た情報の整理術内定が早く得られる、就職活動の中で得た情報の整理術

まとめ

私が企業の採用選考に参加して筆記試験を受験した頃は、筆記試験の対策を全くしていなかったために、受験を繰り返して筆記試験に慣れた時にやっと高得点がとれるようになりました。

しかし、他の受験者と話をしてみると、筆記試験の勉強を結構まじめにしていたと聞いて驚いたことがあります。

面接が重視されるので筆記試験は油断しがちですが、高得点を取っておくと有利になる部分はあります。

ですので、1冊は筆記試験対策の本を買って勉強しておくとよいでしょう。

大学中退者
人気求人情報サイトランキング

大学中退者に人気の求人情報サイトを、ランキング形式で紹介します。

第1位
JAICセカンドカレッジ
JAICセカンドカレッジは、大学中退者向けの、研修付きの人材紹介サービスです。

大学中退者のために組まれた特別研修プログラムを受講して、中退というコンプレックスを乗り越えて正社員就職を実現できます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人情報サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第3位
リクルートスタッフィング
はじめて派遣社員を目指す人がたくさん利用している、人材派遣求人サイトです。

正社員になれる紹介予定派遣の求人も充実しています。

大学中退者が使っている全ての求人情報サイトを見たい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る