ハンバーガーメニューの画像

筆記試験での性格検査ってどれくらい重要なの?

最終更新日:2017年7月24日

筆記試験での性格検査ってどれくらい重要なの?のアイキャッチ画像

採用選考の筆記試験に参加すると、性格検査が行われることがあります。

性格検査は、質問に対して選択肢からあてはまるものを選んでもらうと、回答者の大よその性格が分かるようになっています。

このような性格検査は、採用選考でどれくらい重視されるのでしょうか。

性格検査は参考程度に利用されている

筆記試験として、多くの企業で利用されている試験に「SPI3試験」があります。

SPI3試験の中には性格検査が含まれているので、就職活動を行う人は、ほとんどの人が性格検査を受けることになります。

このように性格検査は採用選考でよく利用されるのですが、性格検査の結果だけで「採用」「不採用」が決まることは基本的にありません

性格検査の結果は、面接を行う際の参考資料にしたり、履歴書からはわかりにくい応募者の性格を知るために利用されることが多いです。

あくまで補助的な資料として利用されます

しかし、補助的な資料として利用されるとしても、適当に回答することはしないようにしましょう。

性格検査を適当に回答すると、性格検査の結果と面接での応募者の印象が全く違うということになるので、正直に回答しなかったのではと面接官に不信感を持たれる可能性があります。

また、性格検査によっては、正直に回答しているのか判定するための質問が含まれている場合もあります。

自分をよく見せようとして嘘の回答をすると、嘘の回答であるということが面接官にばれてしまい印象を悪くします。

性格検査は採用選考において補助的な位置づけにあるとしても、正直に回答するとよいでしょう。

性格検査の結果は配属先を決める際の資料にされることがある

性格検査の結果は、採用選考だけで利用されるわけではありません。

内定を得た後に配属先を決める際にも利用されることがあります。

配属先を決める時には、内定を得た人の希望や性格、適性、企業側の都合が考慮されます。

仕事への適性を判断する際には、どのような職業が向いているのかだけではなく、仕事を行う部署の人間関係に溶け込めそうかということも重要視されます。

本人がよい仕事をできるようにするために、働きやすい場所に配属することが大事だからです。

しかし、このような配属先を決定する際に、嘘の回答をした性格検査を参考にして判断されると、適性がない仕事や部署に配属される可能性があります

性格検査の結果は、将来の配属先にも影響を与える可能性があるので、やはり正直に回答をしておくほうがよいでしょう。

まとめ

性格検査の結果は、あくまで面接などの補助的な資料として利用されるケースが多いです。

しかし、嘘の回答をすると、性格検査の結果と面接での応募者の印象が違うということで、面接官の印象を悪くする可能性があります。

性格検査の結果は配属先を決める際にも利用されることがあるので、自分をよく見せようとしたり、見栄を張らずに、正直に回答しておきましょう。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る