就職活動で使えるスマートフォンアプリ

最終更新日: 2017年10月06日

就職活動で使えるスマートフォンアプリのアイキャッチ画像今や就職活動の必需品ともいえる存在になったのが、スマートフォンです。

スマートフォンにはたくさんの便利なアプリが存在しているので、それらの内、就職活動に必須のアプリを紹介しようと思います。

googleマップ(ストリートビュー)

マップ系のアプリはたくさん存在しますが、やはりグーグルマップはその中でもダントツに使いやすいです。

特にストリートビューという、歩行者視点で町の風景を見れる機能は他のアプリでは提供されていないのでグーグルマップを使ってしまいます。

就職活動時にグーグルマップを使う場面は、企業の所在地を確かめるときや説明会や面接の会場への行き方を調べる際だと思います。

就職活動では遅刻は厳禁ですので、道には迷わないようにしたいのですが、一般的な地図だけだと実際に現地に行った時に道が分からなくなってしまうことが多々あります。

しかし、事前にストリートビューを利用して、駅から面接会場などへの道順を見ておけば迷うことはほぼなくなるはずです。

Evernote

スマートフォンアプリでメモをとるならEvernoteがお勧めです。

Evernoteを使えばどんな情報でも電子化して保存できますし、保存した文字は一字一字認識されているので検索をすることも可能です。

例えば、就職活動中にもらった資料をスマートフォンのカメラで撮影しておけば、その中のテキスト部分も検索で認識されているので、後々利用する際にも効率よく探すことができます。

貰った資料の内、利用しそうなものならどんどんEvernoteに入れておくようにすればよいです。

名刺管理アプリEight

Eightは名刺管理アプリの中でも非常に有名なアプリです。

利用者数もすでに10万人を超えているそうです。

名刺交換をする際にも、このアプリの利用者間で簡単にできるので利用者数が多いことは利点です。

就職活動時にも名刺をもらうことがあると思いますが、もらった名刺をカメラで撮影しておくだけで、情報を管理し、名刺の中の電話番号に電話をかけたり、住所の地図を表示してくれたりと非常に便利に利用できます。

今現在も様々な機能が追加されているので、これからも利便性はどんどんよくなっていきそうです。

まとめ

この他にも就職活動中にはスマートフォンのカレンダー機能や手帳機能を使っている人も多いとは思いますが、多くの人がはじめから内蔵されているアプリを使っていると思うので紹介はしませんでした。

上記したアプリも非常に有名なアプリばかりで知っている人も多いとは思いますが、知らなかった人はぜひ利用してみて下さい。

スマートフォンアプリの注意

スマートフォンのアプリは非常に便利ですが、たくさんアプリを利用しすぎて、肝心なときに情報がどこにあるのか分からなくならないように注意したいです。

また、有名ではないアプリを利用していると、採算が合わない時にアプリの提供が停止し情報が失われることがあるので、できるだけ知名度が高いアプリを利用しておくことも大事です。

大学中退者
人気求人情報サイトランキング

大学中退者に人気の求人情報サイトを、ランキング形式で紹介しています。

第1位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人情報サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第2位
JAICセカンドカレッジ
JAICセカンドカレッジは、大学中退者向けの、研修付きの人材紹介サービスです。

大学中退者のために組まれた特別研修プログラムを受講して、中退というコンプレックスを乗り越えて正社員就職を実現できます。
第3位
リクルートスタッフィング
はじめて派遣社員を目指す人がたくさん利用している、人材派遣求人サイトです。

正社員になれる紹介予定派遣の求人も充実しています。

大学中退者が使っている全ての求人情報サイトを見たい方は、以下からチェックしてみてください。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る